視力回復

速読トレーニングは目の力を鍛える!?

近視や遠視の回復方法に、毛様体筋の強化が挙げられます。速読は目を使うので、「目が悪くなるのではないか?」
と心配している人も多いですが、速読のトレーニングが視力の回復につながることもあるのです。

目の筋肉も鍛えられる速読トレーニングとは?

目は毎日使っているつもりのようですが、目の筋肉が衰えて視力が低下する人が多いです。

では、なぜ速読トレーニングの目の使い方は視力を回復させるのでしょう?

速読トレーニングの目の動かし方は、目を上下左右に動かしたり、近くと遠くで目を動かしたり、普段使わない眼の動かし方をするため、衰えていた目の筋肉を鍛えることができるのです。

遠視・近視・老眼の原因ともされている毛様体筋とは?

物を見るときには、水晶体の厚みを調整して、網膜上に正確にピントを合わせる必用があります。
近視は正しい位置よりも手前でピントを合わせてしまう状態であり、遠視は正しい位置よりも後ろでピントを合わせてしまう状態です。

このピントを合わせる際に、水晶体の調整を行うのが毛様体筋なのです。
老眼は、この毛様体筋の衰えが原因とされています。

速読トレーニングで毛様体筋が鍛えられる!?

速読は、眼を高速で動かすので眼筋力が鍛えられます。
すばやく字を追うトレーニングでは、毛様体筋が緊張したりゆるんだりを繰り返します。
速読トレーニングは毛様体筋のトレーニングを行っていることにもなるのです。

毛様体筋を鍛えることは、目の血行を良くして、眼病予防や目を疲れにくくする効果もあります。

目の筋力トレーニングで視力が回復するの?

速読法にはさまざまな種類があり、飛ばし読みや斜め読みなどの目の筋肉強化を必用としない速読法では、視力は回復しません。
高速で文字を追うための目のトレーニングを必要とする速読法では、目の筋力トレーニングを行うことで視力が回復することもあります。

視力回復の専門機関と同じ方法!?

視力回復を専門に行っている機関では、やはり目の筋力トレーニングを行っています。
毛様体筋の緊張をほぐし、筋力を鍛えるトレーニングなどです。

速読のトレーニングと方法は異なりますが、鍛える筋肉や視力が回復する効果は同じです。
速読トレーニングは視力回復だけでなく、速読の技術が身につき、脳が活性化されるので、視力回復を目的に速読トレーニングを始める人も多いようです。

どのくらいの期間で視力は回復するの?

効果には個人差があり、2週間程度で効果が現れる人もいれば、2ヶ月続けて効果が現れ始める人もいます。
効果がでるまでの期間は人それぞれです。

また、視力回復の効果も人によって異なり、0.2だった視力が速読トレーニングによって0.7まで回復する人や、0.5から0.8に視力が上がる人もいます。

3D立体写真で視力回復!?

速読法では視野を拡大するために立体視トレーニングを行います。
3D立体写真を見ることで、視野拡大だけでなく脳の活性化も期待でき、視力回復にも効果があるのです。
視力回復のための立体視トレーニングの本なども出版され、注目されています。

速読では、目の筋力トレーニングだけでなく立体視トレーニングを行うので、視力回復に効果的とされています。

  • 速読法のメリット - 仕事・受験に有利!理解力・記憶力UP!
  • ゲームで速読をマスター!? - DSやゲームで楽しく右脳トレーニング

  • 【速読の基礎知識】速読の仕組み・トレーニング方法と効果をご紹介
  • 【トレーニング方法】速読は本・ソフト・ゲームやセミナーでトレーニングできます!
  • 【速読の活用法】本を早く読めるだけがメリットじゃない!脳力・眼力・聴力アップ!!
  • 【速読コラム】右脳を活性させ物忘れ・老化を防げる!?視力回復が期待できます!