右脳

脳の老化を防ぐのは脳の活性化

物忘れとは、脳が老化することによる記憶力の低下です。
長寿となった現代では、早いうちからの「脳の老化防止」が必要だと言われています。
効果的に脳を使って、脳の老化を防ぎましょう!

脳の老化を防ぐ方法の一つに、脳の活性化があります。
速読のメカニズムでも説明したように、脳には右脳と左脳があり、脳を活性化するためには、左右両方の脳をバランスよく使うことが大切です。

一般的に、人間は左脳を使うことが多いです。計算・字を書く・読書などをするときは左脳が働いています。
右脳は音楽を聴いたり、図形を読み取ったりするときに無意識に働く脳であり、左脳に比べて働きにいくい脳とされています。
脳の働きをより高め、脳の老化を防ぐには、右脳を活性化し、両方の脳を働かせることが効果的なのです。

右脳開発とは?

「人間は脳の数%しか使っていない」と言われています。
右脳は働きにくい脳ですが、とてつもない力を持った脳です。
人間は右脳を使わないことで、脳を最大限に働かせていないのだと考えられています。

そこで、左脳を使ってばかりいるのを、右脳が優位に働くようにトレーニングするのが右脳開発です。

速読で右脳開発!年齢は関係ありません!

右脳開発や、脳力アップを図ることを「今さら」と思っていませんか!?
右脳は何歳からでも活性化できるのです。

そして、速読も何歳からでも始められます。高齢でも速読はマスターできるのです。

シニア向け速読講座も増えています!

シニア向けの速読講座が増え、速読法のトレーニングを行う高齢者が増えています。
パソコンを使って速読のトレーニングを行います。

「パソコンなんて触ったことがない」という人も、単純なパソコン操作しかしないので、パソコンの画面を見ながらストレスなくトレーニングができます。

シニア向けの速読トレーニングの効果は?

「なかなか言葉が出てこない」「車の運転中視野が狭くなったのを感じる」という高齢者も、速読トレーニングによって、悩みを解決しています。
下記に主な効果を紹介します。

  • 記憶力の低下を防止する
    速読トレーニングによって右脳を活性化させることで、記憶力が良くなり、物忘れが減少します。
  • 転倒することが減る
    周辺視野が拡大されることにより、つまずきにくくなったり、転倒しにくくなったりする効果があります。
  • 頭の働きが良くなる
    速読はワーキングメモリを増やします。ワーキングメモリは日常生活のあらゆる場面で使うものなので、速読の効果をすぐに実感する人も多いようです。

ワーキングメモリとは?

ワーキングメモリは、長期的な記憶とは異なり、いくつかの情報処理を行うのに必要不可欠な作業記憶です。

話を聞きながらメモをとるときには、頭の中で一度聞いたことを理解し、記憶してメモをとります。
運転をしながら人と話をする場合も、運転をしながら人の言葉を一度記憶し、理解して、相手に言葉を返しているのです。
ワーキングメモリとは同時にいくつかの情報処理、並列処理を行うために必要なのです。

何かを取りに行ったはずなのに、何を取りに来たのかわからなくなった…という経験はありませんか?
これもワーキングメモリです。一時的な記憶は、認知活動においてとても重要なのです。

  • 速読法のメリット - 仕事・受験に有利!理解力・記憶力UP!
  • ゲームで速読をマスター!? - DSやゲームで楽しく右脳トレーニング

  • 【速読の基礎知識】速読の仕組み・トレーニング方法と効果をご紹介
  • 【トレーニング方法】速読は本・ソフト・ゲームやセミナーでトレーニングできます!
  • 【速読の活用法】本を早く読めるだけがメリットじゃない!脳力・眼力・聴力アップ!!
  • 【速読コラム】右脳を活性させ物忘れ・老化を防げる!?視力回復が期待できます!