速聴

速聴とは?

速聴とは、その名の通り「速く聴く」ことです。
速く聴くと言っても、早口の人の話を聞き取る程度ではありません。
4倍速や8倍速、達人レベルになると16倍速もの速さの言葉を聞き取るのです。

速聴にはどんな効果が!?

速読の高速で流れてくる音声は左脳では処理できません。
高速の音声を聴き取るには、高速処理が必要となり、左脳ではなく右脳が働くようになります。
そのため、右脳開発に速聴はとても効果があります。

そして、速聴には頭の回転を速くする効果があるとされています。
これは、早い言葉や音楽ばかり聴いていると、通常の速さが遅く感じて、理解しやすくなり、すぐに聴いた事を整理できるからです。
また、速聴のスピードに右脳は対応していこうとするので、右脳の動きも速くなり、思考力も向上します。

そして、速聴は脳にある記憶の中枢を刺激します。
そのため、記憶力が高まり、すばやく聴き取ったことを記憶できるのです。

先に説明したように、速読で聴き取った音声は右脳によって処理されますが、右脳は大量の情報を処理し、記憶することができるので、通常の速度の音声を左脳によって処理するよりも、多くのことを速く覚えることができるのです。

速聴と速読の違いは?

速聴は耳から、速読は目から脳に刺激を与えます。
もちろん、「聴く」トレーニングと「見る」トレーニングという違いがあり、トレーニング方法が異なります。

また、速読は動体視力や瞬間視といった、目の能力が向上するのに対し、速聴は耳の聞き取る能力を向上させることができます。

速聴は英語教材に活用されています

速聴の効果である聴いた言葉を理解しやすくする、大量の情報も速く処理できる、聴き取る力を身に付けるということから、速読は英語教材に多く用いられています。

速聴で英語を学習するメリット

英語学習で最も苦労するのは、英語を聴き取ることなのではないでしょうか。
「英語は速くて聞き取れない」という悩みを抱えている人も多いと思います。
普段から2倍以上の速度で聴いていると、通常の速度になると、ゆっくりに聞こえ、発音もクリアに感じるようになってきます。

また、速聴では大量の情報を高速処理できるので、大量に覚えなければならない英単語も、すぐに覚えられます。

速読教材にも速聴トレーニングが含まれていることも!

脳の活性化、そして大量の情報を高速処理するという点で共通点のある速聴と速読。
速読教材に速聴トレーニングが含まれている場合もあります。

速読で「見る力」、文章を読み取る力を身につけ、速聴で「聴く力」、聴き取る力を身につけることで、総合的に能力アップを図れるのです。

速聴のトイレーニング方法は?

速読のトレーニング方法はたくさんあります。お金をかけずに無料でトレーニングができるものもあります。

フリーソフトを使用する

通常の音声を倍速に変換する無料ソフトが多数あり、インターネットでダウンロードできます。
講義や授業を録音したものや、英語教材、自分で録音したものなど、何でも高速で聴けます。好きな音楽を高速で聴いて、耳を鍛えるのもよいですね。

しかし、フリーソフトには、高速にすることで子音が切れてしまうなど、音質が悪くなるものもあるので、高速になってもきちんと発音が聞き取れるものを使用すると良いでしょう。

速聴教材を使用する

英語力を身に付けるための速聴の英語教材など、多くの速聴教材が販売されています。
教材にはCDやソフト以外に、正しいトレーニングの行い方などのテキストも付いているので、速聴初心者にはおすすめです。

  • 速読法のメリット - 仕事・受験に有利!理解力・記憶力UP!
  • ゲームで速読をマスター!? - DSやゲームで楽しく右脳トレーニング

  • 【速読の基礎知識】速読の仕組み・トレーニング方法と効果をご紹介
  • 【トレーニング方法】速読は本・ソフト・ゲームやセミナーでトレーニングできます!
  • 【速読の活用法】本を早く読めるだけがメリットじゃない!脳力・眼力・聴力アップ!!
  • 【速読コラム】右脳を活性させ物忘れ・老化を防げる!?視力回復が期待できます!