ゲーム

DSで速読トレーニングできる?

携帯型ゲーム機が普及し、いつでもどこでも速読トレーニングができるようになりました。
これから速読トレーニングを始めたいと思っている人は、まずゲームでトレーニングをして手応えをつかんでみてはいかがでしょうか。

速読トレーニングをDSで!?
と不安になりますが、DSで発売されている速読や脳のトレーニングソフトは、「ジョイント式速読術」で有名な川村博士や、右脳開発の第一人者であり「七田式」で有名な七田眞氏が監修したソフトなど、信頼できるものばかりです。

速読教室や速読ソフトに比べ、比較的安価で速読トレーニングが行えるので、おすすめで

どんなトレーニングをするの!?

同じ速読ソフトでも、トレーニング方法が違い、効果も異なります。
速読法に必用な目の力を鍛え、右脳を活性化するためのゲームやクイズなどを行っていきます。

「右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング」の場合

「3Dカード」を見ることによって視野を広げるトレーニング、視線を動かさないで見るだけのトレーニング、動体視力を養う「熟語スロット」では、一瞬で情報を取り込むトレーニングなどがあります。また、「速読トレーニング」では、縦書きの文章1ページをイメージとして取り込み、理解する実践を行います。

右脳の活性化、速読のための目の使い方のトレーニングしながら、大量の情報をすばやく取り込んで記憶する力・方法を身につけていきます。

DSでトレーニングを行うメリット

DSでのトレーニングは、手軽さが大きなメリットと言えるでしょう。
持ち歩きができるので、通勤・通学の時間などの空いた時間を使ってトレーニングができ、タッチペンで操作するだけなので簡単に目や脳を鍛えられます。

また、ゲーム感覚で楽しんでトレーニングできるというのも魅力です。
速読教室に通ったり、パソコンソフトを使用したりしてトレーニングを行っている人にも、気分転換やウォーミングアップとしてDSの速読ソフトを使っているという人も多いとか。

DSでの速読トレーニングにデメリットはある!?

瞬時に情報を取り込むトレーニングや右脳を活性化するトレーニングは、画面の大きさはあまり関係ありませんが、周辺視野を広げるトレーニングに関しては、DSの画面が小さいため、物足りなさを感じるかもしれません。
DSの画面は2つの画面を合わせても、本やパソコン画面よりもずっと小さいのです。

DSでのトレーニングだけで足りない部分は、他のトレーニングで補う必要があるでしょう。

速読トレーニングのDSソフト選びについて

速読トレーニングに必要なことは、第一にトレーニングを続けることだと言えるでしょう。
速読法を身につけるまでの期間は人それぞれですが、そんなにすぐに身に付く技術ではありません。
飽きずに長く続けられるものを選ぶと良いでしょう。
DSソフトの場合は、ゲームやクイズなどもあるので、楽しんでできるものを選ぶと良いでしょう。

また、トレーニングの内容も重要になります。
実際に速読に必用な力が身に付かなければ、速読も修得できません。
トレーニング内容に富んだ、偏りのないもの望ましいでしょう。
他のトレーニング方法と合わせて行う場合には、自分の苦手な部分を鍛えられるソフトを選び、補うと良いでしょう。

そして、自分の上達がよくわかるものを選ぶことも大切です。
毎回のトレーニングをデータとして残しておけると、自分がどれだけマスターしたのかがわかり、やる気にもつながります。

DS以外のゲーム機でも速読トレーニングできる?

ソフトの種類などに違いはありますが、PSPや携帯電話のゲームにも速読トレーニングができるものがあります。

  • 速読法のメリット - 仕事・受験に有利!理解力・記憶力UP!
  • ゲームで速読をマスター!? - DSやゲームで楽しく右脳トレーニング

  • 【速読の基礎知識】速読の仕組み・トレーニング方法と効果をご紹介
  • 【トレーニング方法】速読は本・ソフト・ゲームやセミナーでトレーニングできます!
  • 【速読の活用法】本を早く読めるだけがメリットじゃない!脳力・眼力・聴力アップ!!
  • 【速読コラム】右脳を活性させ物忘れ・老化を防げる!?視力回復が期待できます!