速読法

短時間で知識が増える!

速読法を身につけると、一般的な読み方に比べ10倍以上のスピードで文章を読めるので、本や新聞を短時間で読めます。

仕事や受験勉強をしていると、なかなか本や新聞をじっくり読む時間を取ることができないものです。
近年はインターネットからの情報もあり、たくさんの情報がある中、忙しくて見ている時間がなく、活用できていないという人がほとんど。

速読法で読書やネットサーフィンなどの時間を大幅に短縮し、新しい情報や幅広い分野の情報を得て、知識を身につけられます。

集中力が身につく!

速読法には集中力が必要です。
速読トレーニングを始める前には集中力がなかったと言う人も、速読法の技術と共に集中力を身につけています。
速読の上達と共に、集中力が高まったことで驚く人も多いとか。

試験勉強や仕事において、集中力はとても重要です。集中して行うことで仕事や勉強の効率が格段に違ってきます。

集中力はどのように身につけるのでしょうか?

集中力は、何かを身につける課程で自然と身についてくるものです。スポーツや芸術などに取り組み、集中力を身につけたという人もいるかもしれませんが、速読には集中力を効率的に養えるというメリットもあるのです。

記憶力・思考力がアップする!

右脳と左脳には優劣があり、論理的思考を司る左脳が大人になると優勢になっています。
学校の教育が左脳中心であることも原因と言えるでしょう。

右脳はイメージとして大量に記憶することができ、高速で情報を引き出したり、処理したりする能力がありながら、多くの人があまり右脳を使えていないというのが実情のようです。

天才と呼ばれる人も、そうでない人も、脳に違いはあまりないのだとか。
天才と呼ばれる人は、右脳と左脳とをバランス良く働かせているのです。

速読の技術を身につけ、イメージとして記憶できるようになると、右脳だけでなく脳全体が活性化され、理解力・記憶力がアップするのです。

速読にもデメリットはあるの?

速読法にはメリットがたくさんありますが、デメリットはあるのでしょうか?
デメリットも理解して技術を身につけるためのトレーニングをしていくと良いでしょう。

速読は目が疲れる!?

速読法は目が疲れるのではないか?と心配する人が多いですが、視野を広げていくつかの文章を一つのブロックとして見ていくため、普通の読書よりも目が疲れるということはありません。

速読法の技術を身につけた人は、たくさんの本をすぐに読めてしまうので、読書が楽しくなる人が多いです。
読書を長時間続けると、目が疲れることもあるかもしれませんので、無理せず、楽しんで速読を行っていくと良いでしょう。

また、トレーニング中は使い慣れない眼筋を使うので、目が疲れる感じがするかもしれませんが、慣れてくると軽減されてきます。
眼筋を鍛えて筋力がアップすると、目の血流がスムーズになり、目が疲れにくくなります。

  • 速読法のメリット - 仕事・受験に有利!理解力・記憶力UP!
  • ゲームで速読をマスター!? - DSやゲームで楽しく右脳トレーニング

  • 【速読の基礎知識】速読の仕組み・トレーニング方法と効果をご紹介
  • 【トレーニング方法】速読は本・ソフト・ゲームやセミナーでトレーニングできます!
  • 【速読の活用法】本を早く読めるだけがメリットじゃない!脳力・眼力・聴力アップ!!
  • 【速読コラム】右脳を活性させ物忘れ・老化を防げる!?視力回復が期待できます!